昭和な団地で穏やかに楽しく暮らす♪

昭和30年代の古い団地で母と二人暮らし。 断捨離・シンプルライフを目指したい。

スーパーというお仕事

スポンサードリンク


スーパーというお仕事

 

私はスーパーマーケットでお仕事してます。

今年で10年目。

スーパーといえば、なぜか主婦のパートというイメージを持たれますが

独身も多いですし私も独身です。

私にとっては「天職」です。

私は一生独身だと思ってますが(笑)今の職場が存在する限り

また、自分が体調的にも働けるのであれば定年まで働きたいと思ってます。

 

部門はグロサリー

私の所属部門はグロサリー

グロサリーと聞くと???ですよね。

私は10年前、面接を受けたときは裏方を希望していて

また、募集していたのも裏方でした。採用の連絡を頂いた次の日に

「2週間後にグロサリーで辞める人がいて人手が足りなくなるから

グロサリーを担当してほしい」と当時の店長から電話をもらい

グロサリー???なんじゃそりゃ!名前だけ聞くと難しそうな感じ。

実際は加工食品(醤油・味噌・カップ麺・ペットボトル飲料)

お菓子、日用品を担当する部門で私はグロサリーの食品担当です。

暇な時にお菓子や日用品の手伝いをする感じです。

 

 

仕事は簡単?

仕事の流れは1日同じような感じです。

朝、納品された商品の品出し。

商品の発注。

倉庫にある在庫の補充。

陳列棚の前だし。

プラス、毎日ではないですが本社が決めた季節商品や、その月の売り込み商品の

売り場作り。

色々覚えてしまえば簡単といえば簡単です。

ですが、力仕事です。

特に食品は醤油や味噌、ペットボトルは箱に入ってるものを倉庫から台車に乗せて

売り場へ運びますが、ほぼ、1箱10kg前後はあります。

箱に入ってる状態ですが20kgある商品もあります。

それを何度も倉庫から売り場への繰り返しなので

人によっては「腱鞘炎」になる人もいます。

あと「肩こり」にも悩まされます。

私は勤めて10年目ですが、二の腕だけ無駄に筋肉がついてしまって

ガッチリしてます(泣)

あと当たり前ですが「笑顔必須」

私は最初は不安はありましたが、グロサリーをやってみると

裏方じゃなくて良かったと思いました。

最初は希望した裏方。。。もし、そのまま、裏方で働いていたら

とっくに辞めていたかもしれません。

 

お客様からの「ありがとう」が一番嬉しい!

理不尽なお客様もいます。正直、仕事が嫌になってしまうくらいの

クレーマー様もおります。

でも、商品の案内や場所などを教えたりして

お客様に

「ありがとう」

「忙しいのに、ごめんなさいね。ありがとう。」

など。。。「ありがとう」この一言って本当にスゴイ!

胸がほんわか温かくなります。

「ありがとう」そう言われただけで頑張るぞ!ってパワーが強くなります。

 

ふだんなら、ありがとうって意外と使わないと思うのです。

だからこそ、嬉しくて、働いていられるのかもしれません。