昭和な団地で穏やかに楽しく暮らす♪

昭和30年代の古い団地で母と二人暮らし。 断捨離・シンプルライフを目指したい。

食器棚とチェストとカーペット類を処分しました。

スポンサードリンク


2月1日

今回は何かが私に降りてきたかのように急に茶の間の物を

処分しようと決めました。

自分でも不思議な感覚です。

 

2月4日

仕事が休みでした。この日は朝から色々処分しようと決めていました。

 

f:id:mi-happy-tanosii:20170207004756j:plain

この画像の食器棚と籐のチェストと食器棚の上にある

黒い引き出しを処分。

食器棚とチェストは解体しました。

 

f:id:mi-happy-tanosii:20170207005029j:plain

f:id:mi-happy-tanosii:20170207005046j:plain

そして茶の間の床はツギハギのようにカーペットが何枚も敷いてあります(笑)

半畳から1畳のカーペットが10枚近く

コタツの下のラグも長方形のサイズのラグの上に正方形のラグ

そして長方形の下にも正方形のラグが敷いてありました(爆)

 

これはですね、うちの団地はものすごく古いのですが

茶の間の床は元々、板の間ではあるのですが

すごーく薄くて、しかも空洞な部分多くて特に冬は床下からの風が冷たくて

そんな風を入れないように気がついたら、こんなことになってました。

 

ですが正方形のラグを1枚と赤いカーペットを残して

それ以外のラグとカーペットは処分しました。

 

棚やチェスト、カーペットの替えも処分を思い立った日に

通販で注文しております。

 

 

 

さてさて、afterをお楽しみに!

 

なんて(^_^;

 

 

 

 

 

読んだよーという方はクリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 団地・アパート暮らしへ